とりみどりガラス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

毛布

毛布を出してしまった

寒すぎる夜が続く

いつもこんなに早かったっけ?


小さい頃、大好きなかけぶとんがあって
いつもそれにくるまって茶色い色のソファーの上で

本を読んだり

テレビを見たり。


本は昔から大好きだったけれど、多分その時に一番気に入ってたのは
自分と同じ温度のふとんの温かさ。

包まれている感覚に安心を覚えていた

いまでも椅子に座ったままかけぶとんや毛布に包まれると

何とも言えない満たされ方をする


自分と同じ温度って
大事なポイントだろう

大人になって掴んだ人と自分の距離感

惹かれるのはある部分で同じ温度を持つということ


そうだ


そうなのだ


温度。

一瞬で終わってしまう温度もあれば

上がったり下がったりを繰り返しながら
うまく保たれる温度もある


ひとは日々成長しているし、学ぶ

二度と同じ温度になれなくても仕方のない事もある

それでも 風が運ぶ匂いや記憶が思い出させようとする
温かさや冷たさがある

それを思い出そうとし再現出来なかった時に

なつかしい

という気持ちになるのだろう


そして

ふとんが作ってくれる温度はいつも自分と同じ。

だから安心するのだ。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

今の季節が いちばん気持ちいいんねー わたしは自分と同じ温度になる前のひんやりした掛け布団が好き・・うっとり

ちー | URL | 2010-09-30(Thu)11:01 [編集]


ちー

う~分かる!!あのひんやり感、たまらないよね~

あのひんやり後のあたたかさが良いんだよね。

先に温まっているとちょっといやだよね

みなこ | URL | 2010-09-30(Thu)14:42 [編集]


自分だけのお気に入りの毛布ってあるよねv-22
朝はずっとそれに包まれていたい!
ピーナッツに出てくる、いつも毛布持ってる男の子が好きなんだけど、思い出しちゃたよv-48

ryoko | URL | 2010-09-30(Thu)15:19 [編集]


Ryoko

ライナスだね?
確か。

朝はいつまでもぐうたらできるよね~~
特に冬に向けてのこの時期。
最高さね

みなこ | URL | 2010-10-01(Fri)01:32 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。