とりみどりガラス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ワークショップ その時 その後

なんだかこの一個前に書いたブログが変な編集になっていて、

ちょっと書き直した。

そしてその時書いたことが消えたのでもう一度。

ちょっと掘り下げて書いてみよう


ワークショップではもちろん、招待作家以外にも受講している沢山の人々に出会える。

今まではオープンデイ(受講生以外にも一般公開制作する日)しか参加したことなかったから

ちょっと、別世界で面白かった。


会社員でずっと働いていると分かる。

感じる。

自由が全くないようで、しかしそれは安定した生活の上に成り立っているから感じるだけで、

実際、活動するお金がなかったらもっと不自由に感じることのあるのかもしれない。

幸い、私は仕事に恵まれていて、「楽しい!」と思える仕事に就いている。


ワークショップでは、当たり前だけど「本業ガラス」の人がたくさんいて、

素敵だと思える人がたくさんいた。



ひとつのことをやり続けること。

それがどれだけの才能なのか。


継続できることは才能だと思う。



自分の周りには金工、陶芸、布、雑貨、絵画、、、色々な作家が本業の友人がいるけど、、

ガラスの人って、、なんてフットワークが軽いの!!

まー、制作できる場所も限られているし、ワークショップと言えばここへ、みたいなことも

関係してんのかもだけど。



いや、本当かっこいいですよ皆さん。



ガラスの人って、一途でひたむきな感じがしてすごくいい。

私もそれなら負けていませんがね。



ガラス、鳥、音楽、バイク、美しいもの、素敵なひとびと  大事なものを抱えて、

生きている限りやりつくさないと!

一日でも長生きして、心がわーーーーーってなって、

ふわふわしたまま人生を終えるんだ。

でも、自分の気持ちや人生にだけには嘘つかずに。

ほんと、自己中心的な考えだけど。

大事なものや人や鳥はちゃんと守りながらね。







スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。