とりみどりガラス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

漂う

サニーデイサービスが好きである

特に10年前位の


ちょっと微妙な所が多分良い

歌がすごく上手い訳じゃなく、派手ではなく、
ブランキーみたいなはっきりした色を感じるわけでもなく
見た目も特徴的でもないけれど


そこはかとなく漂う空気や雰囲気や色気
それはサニーデイにしか出せない。
と感じる。

こないだブログで言ったように
ユニオンに行き、古いCDを二枚買った


私が大学生にあがったばかりにきいた
あの曲達だった

大学の頃はさ~
色々が思い通りに行かない焦燥感や
描くものに近づけど近づけど
それ以上のものに憧れ、
すごく大きな憧れが色々あってさー

今は分かる

その時のダサさが認められなかっただけだということが。

カッコ悪いことの積み重ねが大事で
そしてそれをかっこいいと思えるかという事

そんな中で聞いていたサニーデイ。
その時に出会ったもの他にもいっぱいあって、今の自分を形成している
大学時代に出会ったもの
音楽部門
ブランキー
フィッシュマンズ
スピッツ
吉田拓郎
はっぴいえんど

文学部門
夏目漱石
谷崎潤一郎
川端康成
太宰治
芥川龍之介
江戸川乱歩(小学生からね)
山田詠美
江國香織

マンガ部門
岡崎京子
つげ義春
魚喃キリコ
南Q太
手塚治虫(小学生からね)
楳図かずお


サニーデイの「若者たち」に載ってた
彼らが影響受けたもの
つげ義春
水木しげる
楳図かずお

あはは!かぶっている!ガロじゃないか。


そうか、私がサニーデイを好きなのは、彼らが受けてきた影響と同じものに影響されているからなのだな!

それに気付いた時に
サニーデイの世界がもっと色濃く
私の中に飛び込んできた

そういえばそれらの作家の作品にも漂う、
情けない位の微かな変な色気。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

文学部門

私とかぶってる~~~~~
つっても最初の5人は本好きの父が集めてたから(ほとんどが初版本)
読んでみたってだけだけどね。
(漢字が難しすぎて小学生の時 吾輩は猫であるの最初の1ページに何日かかるねんっ な状態^^;)

本を買うときって タイトルでなんとなく手にして
で 最初の数行読んでみて・・・買うのね。
山田詠美 江國香織はそーして見つけて全部買いあさって・・・
でも 江國香織って独特の雰囲気とゆーか世界とゆーか・・・
初めての時はものすごく疲れた^^;
最初の数行に騙されたかなぁ て感じ(笑)
でもまた買っちゃうのよねぇ

あははっ  みなこさんと表現が違いすぎるねー
みなこさんの表現・・・
うん 作家さん達の不思議な魅力と同じね♪
ちょっと私には難しい時がありますがっ(爆)

はるみ | URL | 2011-06-28(Tue)00:58 [編集]


はるみさ~ん

あははでは誉め言葉として勘違いして受け取っておきまーす。

はるみさんとかぶってる!嬉しい~
表現方法は違っても何を良しとするか、大事と感じるか
はるみさんとは根底が似ているなと思っていたよ
鳥好き仲間や私の友達にはやはりそういうのを感じる!

初版本、いいな
当時のなんてうらやましいな~
夏目に出てくる「文鳥」の描写がすごく好き。
「夢十夜」の奇妙な世界も。

みなこ | URL | 2011-06-29(Wed)11:33 [編集]


「無能の人」

ふむふむ。。。ん~くちゃい!…じゃなくって・・・
ん~、みなこさんらしいな、っておもった♪

音楽部門…はっぴいえんど! 歌詞がね~すごいんだよね。
凄すぎて誰か絵にしないかなぁと思ってたら中村祐介という人がやってくれた。

文学部門…かぶってるというか、読まなければならない道であると思い、
やっつけ読みをしてしまったなぁ。。。もう一度よまなければと思っている。

しかもなぜかその頃、女性の書いた本は移入しすぎるから読まない、という偏屈な掟を作っていたので、山田さんや江國さんは読んでないのです。
中学生の頃吉本ばななにやられて苦しかったので(^_^;)

漫画部門…つげさんの無能の人を読んで「これは私の話か?」とちょっと思って怖くなってた(笑)

二十歳前後の頃に見たり聴いたりした物って10代の頃とはまた別に色濃く残るのかな~。
私はなんか背伸びばかりしていて、まともに足がついてない時代でした~。
音楽はボサノバ、本は村上春樹の初期を読み返し、漫画は周りの男子の影響で少年誌しか読まなかったなぁ。だから今でも読む漫画はオタク(苦笑)

Rui | URL | 2011-06-29(Wed)13:26 [編集]


Ruiさん

お待ちしておりました~
きっとかぶるはずって思っていたんだよね
中村祐介??チェックチェック。知らなかった~

つげはすごいよね!うちのお父さんが文学&漫画好きでうちにあったから、小学生の頃に初めて読んだんだけど
なんかその時は見てはいけないもの的な(-o-;
つげの「海辺の叙景」が素晴らしいよ。文学的な漫画なんだよね~つげは。
太宰の頽廃的さや谷崎・川端の色香のような。

山田詠美や江國はある時期読めなかった。一時期読みすぎて嫌になったの。

でもまたここ数年は良く読むよ。
年齢が変わるとまた違ってくるよ~

夏目は短編が面白いよ。すぐに読めるし。
夢十夜は本当にお勧め。

プリは最近 ん~くしゃい を言わないの(T_T)

みなこ | URL | 2011-06-29(Wed)14:32 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。