とりみどりガラス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

アオジ

今日、うちの会社のビル(西新宿)の入り口に
鳥がうずくまっていた

茶色で尾がすらっとしていて、
お腹の黄色い
足の長めの鳥

全く動けない状態で肩で息をしている

円らな焦げ茶の目が濡れて光っていた

目立つ外傷は全くなくて
でももう足が立たない状態で
静かに震えていた


最初は落ちてきた雛なのかと思ったけれど
雛ではないようだ。

様子を見たけれど
なすすべもなく

多分あとほんの少ししか生きられないのだと


手に乗せて
包むように。

甲州街道沿いには
何となく置いておけなくて

会社の裏の
ツツジの茂みの下に連れていった

もう本当に最後だったようで
目の奥が痙攣していた

夕方見に行ったら
こと切れていた
片足をぴんと伸ばして
おそらく辛かっのだろうけれど
その姿は美しいものとしてしっかり私の脳裏にやきついた


夜に静かに土に埋めた

アオジという初めて見た野鳥。
何故西新宿にいたのだろう

野鳥への考え方は色々あって、
特に鳥飼いは気をつけないといけないけれど

そんな事を感じさせない美しさをもつ鳥だった
ふわふわで

私にとってはあくまでも鳥は鳥という特別な存在で
プリは特別だけれど
どの鳥の命も同じように美しい


2011年5月7日
今日は西新宿に現れたアオジの
命日


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

悲しいけれど

最期を静かな安心な場所で迎えられてきっと幸せだったね。
埋葬もしてもらえて。

アオジ 検索してみたよ。
スズメを気高くしたような綺麗な鳥さんだね。

野鳥でもなんでも関係ないよ。
見て見ぬふりが出来る人に本当の命の尊さがわかるはずがない
って私は思う。

冥福を祈ります。

はるみ | URL | 2011-05-08(Sun)12:54 [編集]


うん、見逃せなかった。。

人間に触れられたのも初めてだろうに、一度羽を震わせたけれど、大人しく手のひらに乗っていたよ。

アオジという鳥、調べて初めて知ったよ。
スズメよりすらっとしていて
特徴的なのがきれいな形の尾羽と長いあし。

アオジちゃんにはるみさんの温かい気持ちも届くといいな

はるみさん | URL | 2011-05-08(Sun)21:44 [編集]


なんでかな?

気高いアオジさん、
どうしてお店の前に居たのかなぁ?
スズメやカラスなら居そうだけど、アオジって珍しいよねぇ。

勘が働いて、最後はみなこさんがいる所へ降りてきたのかな。

昔、山の鳥を保護した事があるの。
きっと最後が近かったんだと思う。
帽子に入れて家に連れて帰って、お水飲ませて、亡くなってしまった。

きっと、もうだめなら、お山で逝きたかったと思うけど。。。
当時鳥の知識が全くなかった私は、次の日に、獣医に連れて行こうと思ったんだけどね。
これは余計なお節介だったと思ってる。

Rui | URL | 2011-05-10(Tue)11:56 [編集]


Ruiさん

Ruiさんアオジ知っていた?さすが鳥好き!本当に何で都心に迷いこんできたのだろう。意外にも御苑とか中央公園に住んでいるのかな?
それとも群れからはぐれて迷いこんでしまったのか。。

Ruiさんも保護したことあるんだね。
何かしてあげたくて行動をとってしまった気持ち、わかる。
結局人間が出来ることは少ないよね。

それでも何とかしたいという気持ち、人間のエゴなのか。
でも、そうだとしても美しいものを慈しむ気持ちを持つのも人間だから、だよね。
山の鳥も、Ruiさんの手の温かさは感じたと思うよ

みなこ | URL | 2011-05-12(Thu)01:02 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。