FC2ブログ

とりみどりガラス

アオジ

今日、うちの会社のビル(西新宿)の入り口に
鳥がうずくまっていた

茶色で尾がすらっとしていて、
お腹の黄色い
足の長めの鳥

全く動けない状態で肩で息をしている

円らな焦げ茶の目が濡れて光っていた

目立つ外傷は全くなくて
でももう足が立たない状態で
静かに震えていた


最初は落ちてきた雛なのかと思ったけれど
雛ではないようだ。

様子を見たけれど
なすすべもなく

多分あとほんの少ししか生きられないのだと


手に乗せて
包むように。

甲州街道沿いには
何となく置いておけなくて

会社の裏の
ツツジの茂みの下に連れていった

もう本当に最後だったようで
目の奥が痙攣していた

夕方見に行ったら
こと切れていた
片足をぴんと伸ばして
おそらく辛かっのだろうけれど
その姿は美しいものとしてしっかり私の脳裏にやきついた


夜に静かに土に埋めた

アオジという初めて見た野鳥。
何故西新宿にいたのだろう

野鳥への考え方は色々あって、
特に鳥飼いは気をつけないといけないけれど

そんな事を感じさせない美しさをもつ鳥だった
ふわふわで

私にとってはあくまでも鳥は鳥という特別な存在で
プリは特別だけれど
どの鳥の命も同じように美しい


2011年5月7日
今日は西新宿に現れたアオジの
命日


スポンサーサイト

PageTop

のわーる

黒いすずめ

!  かわいい!

クロスケ


昨日見たネットニュース。

大阪に出没しているらしい~

黒化個体だそうで


すずめって普通の種類でもとってもかわいいのに、まっくろすずめ、本当にかわいい~!

おめめクリクリ


あんよも黒いんだね。


すずめって生体がよくわかっていないそうで、寿命も1年半とか言われている。

それと、最近ラジオやネットニュースですずめが減少している?!っていう話をよくきく。

そう言われてみると、、あまり見なくなった?


一番古い、うちにいた鳥の記憶はすずめ

幼稚園くらいのときかなあ?

落ちていた雛を保護していたの


スズメは日本の原風景の減少とともに少なくなっているって、ラジオでは言っていた。

人間の暮らしに密着している鳥で、山奥で迷ったらすずめを探せ、て言われていたそうで、それは何故かというと、
すずめが住む場所は人里だからだそう。


今じゃ、過疎化した村よりも都市部に移ってきているのだとか。。

PageTop

birds live in Bath

フィンランド生まれのバード、イングランドにて会合を開く  の巻き。

みんなあちこち向いているけどね!

会合はこれから、ということで。

toki2.jpg

ロンドンの郊外、バースという街での風景。


ありがとう、妹。



そして、これからのライフ、期待しているね!

良いように進んでいきますように。

PageTop

torikai

Ruiさんちのブログでご覧になった方もいらっしゃるでしょうが、、

鳥飼いによる鳥と人のための会合、鳥会が開催されました!

電車に揺られ、小一時間。

プリの鳴き声と共に、Ruiさん宅に到着!


そこにはめくるめく鳥ワールドが!

まず。

主、む~ゆん
100522_1701~01

白い!スリム!

首長い!

お目目きれい!



そして面白い動きの翠ちゃん
100522_1535~02

とってもきれな羽根をもっていた~~。

尾羽が真っ赤で頭の後ろが宝石みたいにきれいな青光りしていて。



さらに、特別ゲスト!小海ちゃん
100522_1535~01

ははは。

素早過ぎて写らない~。

京都みたいなお顔のコザクラインコちゃん。

お鼻が羽根にかくれているんだよ!



そして!新参者にて一番の存在感!リトラちゃん!
100522_1702~01

軽くて、飛び回っていて、本当に小鳥って感じだったよ~。

淡いクリーム色で、うっすらブルーバイオレットもとてもきれい。


しかし、、鳥同士は仲良くはならなかった。。

なんか皆種族が違うし?

体型もみんな違うし、鳴き声も違うし~。

面白かったな。

プリが一番ハゲていたような。。なんかサザナミって羽根の密集具合が薄いんだよね。。

赤黒い地肌がすぐに見える。。。

翠ちゃんふかふかだったし、小海ちゃんも柔らかい羽根がふわふわ生えてた。

リトラは、、、う~ん。。。でもかわいいから問題なしっ!



プリの軽さに慣れているから、翠ちゃんは重く感じたし、リトラちゃんがとってもかる~く感じた。

鳥ごとに性格が様々で、面白かったなあ~~。


プリはすまして人の肩に乗っていたよ。

プリにとって、こんぱ○幼稚園以来の鳥とのふれあい!

きっとプリは何この生き物!って思っていたに違いない。


夕方頃、Ruiさん姉妹とプリを囲んで話していた時、しきりに「うん~」 「うん~」

って言ってた!

会話に混じってるつもりなんだよ、こいつ。



しかし、Ruiさんには本当に感謝である。

仕事関係でたまったま知り合えた人なのだけど、それも鳥というキーワードにて結ばれた縁。

それをきっかけに私は自分が鳥を好きだったことを熱烈に思い出し、そして鳥ワールドの深みにはまっていったのである。

ここにリンクさせていただいている 鳥まみれ日記 に出会ったことも大きな要因の一つ。

そのきかっけもRuiさんだし!

鳥ずきのみなさんに感謝!


それから、Ruiさんには妹さんがいて、それはそれはキュートな姉妹なのである。

二人がまとっている時間や空気がとっても同じで微笑ましかった~!


こんな縁で結ばれるなんて、鳥って私達にとって本当に偉大な存在。


む~ゆんの綺麗な赤い羽根をお土産にもらって帰りました。


Ruiさんがつくってくれたパスタ、おいしかったな。

干しエビが入っているペペロンチーノ。

それから、森の中の食事を思わせるブロッコリーのスプラウトのサラダとポテト。

これもおいしかった!

ごちそうさまでした。


次回はうちで。第二回を開催しましょう~。

100522_1915~01

帰り道のプリ太郎丸。

鳴き続けました。。。。



プキー!









PageTop

千種さん

3月に展示をする予定である。

hyugge

そのギャラリーで今とっても素敵な展示をやっていると教えていただいて、先週遊びに行きました。
(展示はその日が最終日)

ガラスと羊毛フェルトの作家さんの二人展。

そこで出会ったかわせみちゃん!
ta.jpg

うちに連れて帰って見せたら、、プリ齧ってた

野鳥とインコと植物を中心に作っていらっしゃる方で、ふわっとしたキュートなキュートな作家さんでした~。


千種さん

図鑑をいっぱい見て、作るのだそう。

スズメやふくろうやるりびたきや、、、本当に素敵でした。

インコちゃん達もかわいくてかわいくて、セキセイ、ブルーボタン、キバタン、クルマサカオウム、、

プリはいなかったけど、サザナミちゃんのことも「頭が平らなインコですよね~」って。

そうそう頭が平らなインコ。


作品と作家っての関係って面白い!

当たり前だけど、その人だからそんな作品が。

        その人からこんな作品が!

その混在がおもしろ~いね。


3月に向けてがんばるぞ~~!

PageTop